学部・大学院

戻る日本経済の現状と展望(6/27)

経済学部専門科目「日本経済の現状と展望」を広く一般にも開講しています。

6月27日は、一般財団法人土地総合研究所専務理事の荒井俊行氏が、「不動産取引等の現状と課題」をテーマに講義を行いました。

荒井氏は、人口や不動産投資など人や物の動向が地価の変動に影響することを説明。そのうえで「社会保障と税の一体改革」と住宅土地税制、信託の活用事例についてを詳細に解説しました。また、住宅の売買に関わる税制の課題をいくつか例示したのち、今後の税改正の方向性を示しました。

外部講師回最終となる次回の講義は7月4日(火)。 「少子高齢化と財政規律」をテーマに公益財団法人総合研究開発機構理事の神田 玲子氏を迎えます。
▽時間:4時限(14時30分~16時)
▽会場:本学2号館200教室
受講料無料、事前申込不要のため、聴講希望の方は直接会場までお越しください。
<2017年06月27日 15時45分>