学部・大学院

戻るスポーツホスピタリティ概論(第4回)

オリンピックやパラリンピックに関与されているさまざまな分野の方を講師として迎える「スポーツホスピタリティ概論」。10月12日は、公益財団法人日本オリンピック委員会(JOC)の藤原庸介氏が「オリンピックの軌跡~歴史の文脈の中のオリンピック~」をテーマに講義しました。

藤原氏は、オリンピック開催時のプレスセンターの様子について映像や写真を用いて紹介したほか、2018年に開催される平昌オリンピックを中心に、オリンピックとテロ、人権、紛争、政治との関係を詳しく解説しました。
また、オリンピック委員会の沿革について触れ、今後オリンピック委員会の独立性を保つためには「政治との程よい距離を保つ」「自主財源を持つ」「オリンピック教育(選手の教育・選手による教育)」が必要であると語りました。

次回は10月19日(木)。公益財団法人日本オリンピック委員会(JOC)の相馬浩隆氏が登壇します。

▽時間=5時限(16時10分~17時40分)
▽会場=本学5号館511教室

受講料無料、事前申し込み不要のため、聴講希望の方は直接会場までお越しください。
<2017年10月12日 18時33分>