学部・大学院

戻る「キャリア・インターンシップ」報告会を実施しました

全学共通科目「キャリア・インターンシップ」では、自己分析や就職への意識づけを目的として、夏季休暇期間を活用して民間企業や自治体などの行政機関で就業体験を行っています。

10月24日は参加した学生10名が報告会を実施しました。

1人あたり10分間の持ち時間で、各々自らの経験をパワーポイントを用いながら自由に発表しました。
市役所に赴いた参加者は「仕事の多様性を知り、責任の重さを実感しました」と、現地に身を置いたからこそ得られた情報や学びを発表。またメーカーでインターンシップを行った参加者は「営業職のやりがい」についてを語り、職種に関する新たな知見を出席者に報告しました。

ゼミの研究と関連づけて、インターンシップ先のCSR活動に注目しながら業務に取り組んだ参加者もおり、今後も自身の研究をより深めていきたいと熱意を語る場面も。この他でも「さらに自己分析を深化させる必要性に気が付いた」とか「常に目的意識をもって取組みながら、そのフィードバックを行うこと」、「能動的に働きかけ、多くの人とコミュニケーションを図ること」など多くの知見を伝え、自身の成長を振り返りました。

採用担当者からのコメントもそれぞれの参加者に送られ、今後のステップアップにつながる報告会となりました。
<2017年10月24日 17時21分>