学部・大学院

お問い合わせ

入試・広報センター

戻るスポーツホスピタリティ概論(第8回)

オリンピックやパラリンピックに関与されているさまざまな分野の方を講師として迎える「スポーツホスピタリティ概論」。

11月16日は、オリンピアンの池田信太郎氏が「アスリートのセカンドキャリアについて」をテーマに講義しました。 池田氏は2007年世界選手権日本人男子初のメダリストで、北京オリンピック、ロンドンオリンピック日本代表を務めました。現在は競技普及ほか、2020年東京オリパラの組織員会アスリート委員のリーダーとして運営にあたっています。

講義冒頭では、選手から得られる多種多様な情報を企業と協同して一般に還元する取り組みや、日本文化の発信拠点という役割をもつ選手村の構想についてなど、池田氏が担っている業務の紹介がありました。国際的なスポーツ祭典の舞台裏の奥行を感じさせる内容に、学生も興味深げに耳を傾けていました。

また、講義テーマであるセカンドキャリアについては、多くの選手が引退後のキャリアに不安を感じている現状を踏まえ、彼らの受け皿を用意しなくてはならない課題を提示。選手自身もスポーツを通して人間力を鍛えることが重要であり、多様な価値観やコミュニケーション力などバランス良く自身の能力を鍛えていくことが大切だと述べました。

次回の外部講師回は11月30日(木)。産経新聞社特別記者兼論説委員室論説委員の佐野慎輔氏が登壇します。 
▽時間=5時限(16時10分~17時40分) 
▽会場=本学5号館511教室 

​受講料無料、事前申し込み不要のため、聴講希望の方は直接会場までお越しください。
<2017年11月17日 19時06分>