学部・大学院

戻るホテル研修が実施されました

経営学部ホスピタリティ・マネジメント学科でホテル業界を学ぶ学生が2月14日、都内のロイヤルパークホテルで実地研修を行いました。この研修は、ロイヤルパークホテルで実際に行われている「新入社員導入研修」の一部および就業を体験することにより、ホテル業界の基礎知識を習得し、ホテル産業(ホスピタリティビジネス)に対する理解を深めるためのもので、勤務する本学卒業生ほか、ホテルを組織するさまざまな部門のスタッフが学生の指導にあたります。

「ホテル研修Ⅰ」を受講する1年生は、水天宮のロイヤルパークホテルを訪問しました。各人が担当するサービスごとに分かれ、実際の制服を着用しOJTを受講。スタッフの丁寧な指導を受けながら、一生懸命仕事に取り組みました。また実際に宿泊することで、館内・室内のサービスを学びました。

「ホテル研修Ⅱ」を受講する2年生は、羽田空港国際線ターミナルに併設されている「ロイヤルパークホテル ザ 羽田」の施設を見学。空港併設のホテルならではのこだわりやおもてなしに、学生たちは目を輝かせていました。

このホテル研修は5日間行われ、模擬挙式やレストラン企画のグループ討議なども体験します。全研修を終えた学生には最終日に修了証が手渡されます。

宴会サービス班はグラス磨きを体験。光にかざし、汚れが残っていないかくまなくチェック

宿泊サービス班はベッドメイキングの方法を一から教えてもらった

料飲サービス班は実際にお客様がいる中での裏方の動きを間近で体験

施設見学後には活発な質疑応答が行われた

<2018年02月14日 16時03分>