学部・大学院

お問い合わせ

入試・広報センター

戻る日本経済の現状と展望(4/17)

経済学部専門科目「日本経済の現状と展望」がスタートしました。これは、現場の実務に携わる官公庁、企業、主要研究機関(シンクタンク)のトップレベルの人材が週替わりで登壇し、専門家の立場から日本経済の景気の現状と展望について解説する公開授業です。

外部講師の初回となった4月17日は、㈱日本総合研究所顧問・総務省参与(元内閣府事務次官)の松山健士氏が、「日本経済の課題と経済政策の可能性」をテーマに講義を行いました。

松山氏は、総務省や内閣府が発表した資料を参照しながら、近年の経済動向を主な出来事とともに解説。また、これまでのアベノミクスを振り返りつつ、今後の財政についても語りました。

次回4月24日(火)はソニーフィナンシャルホールディングス株式会社・金融市場調査部シニアフェロー・チーフエコノミストの菅野雅明氏が登壇します。

▽時間=4時限(14時30分~16時00分)
▽会場=本学2号館200教室
受講料無料、事前申し込み不要のため、聴講希望の方は直接会場までお越しください。
<2018年04月17日 16時01分>