学部・大学院

お問い合わせ

入試・広報センター

戻る都市創造学部がインターンシップ報告会を開催しました(4/17、24)

都市創造学部生によるインターンシップ報告会が4月17日、24日に開催されました。 

報告会は、第一期生としてインターンシップを経験した3年生124人が、国ごとに分かれ、渡航をひかえる2年生に向けて行われました。

ジャカルタのNGO団体でインターンシップを行ったグループは、政府の立ち退き対象になっている地域の再生や幼稚園保護活動での経験を報告。「海の汚染問題や貧困問題などを目の当たりにした。都市開発が行われている経緯や背景は、実際に行ってみないとわからないことが多くあった」と語りました。その他学生からも、海外インターンシップを受けての学びや気づき、将来に対する視野の広がりについてが報告されました。

新井健一郎准教授は、「現地に足を運ぶことで、都市開発の裏面を見ることができる。今後の学びにも役立つ、実りあるものになったのでは」と、現地学習の意義を語りました。
<2018年04月25日 15時41分>