学部・大学院

戻る土曜学校「亜細亜大学経営学教室」を開催(6/16)

市内の小学生を対象に、土曜学校亜細亜大学経営学教室(主催=武蔵野市教育委員会)を6月16日に学内で開催しました。
当日は市内の小学生37名が参加。本学AUSCPに所属する学生が実施・運営に携わりました。

同プログラムは帽子屋を経営したと仮定し、4~5人からなる班毎のワークを通じて、経営に必要なことを学ぶものです。はじめに、AUSCPに所属する本学学生が商品の仕入れ、販売から売り上げ、利益についてを寸劇仕立てでわかりやすく説明。その後、班に学生がサポート役としてつき、児童たちにアドバイスを送りました。参加した小学生は、価格や仕入れ個数の決定などを通じて、自分の意見を言う、相手の意見を聞くということの大切さや、異なる意見をどのようにまとめるかなど、意思決定の大切さを学びました。
 
<2018年06月16日 18時00分>