学部・大学院

戻るホスピタリティマネジメント特別講義

外部講師を迎え、広く市民にも開放している、ホスピタリティマネジメント特別講義が終盤を迎えました。

6月21日はロイヤルホールディングス(株)の、代表取締役会長兼CEOの菊地唯夫氏が登壇。会場には外食産業の社長をはじめ、会社員約20人も聴講するなど、業界からの注目度の高さがうかがえました。

菊地氏は「外食産業の持続的成長に向けて~ロイヤルグループの取り組み」をテーマ講義。持続的な成長が見込める事業の要件として、「少子高齢化に親和性がある」「ブランドの陳腐化に抵抗力がある」「アセットライト型」「インバウンドに親和性がある」を挙げ、同グループが取り組んでいる経営戦略を分かりやすく解説しました。

次回の外部講師は6月28日(木)、読売新聞編集委員結城和香子氏を迎えます。時間は14時30分から16時まで。会場は511教室。広く市民にも開放しており、事前予約は不要のため、聴講希望者は直接会場へ。入場無料。

<2018年06月21日 17時25分>