学部・大学院

戻る【前期】街づくり未来塾(7/10)

「まちを知り、住み続けられるまちの未来像を描く」をテーマに、連続討論会「街づくり未来塾」(全4回)が開講中です。同講座では、地域社会と大学が相互理解を深め、豊かな街づくりを目指します。

第3回は元武蔵野市消防団長、地域の防災組織・避難所運営組織代表、保護司、レモンキャブ運営委員の村雲 祐一氏が登壇。「地域で安心して暮らし続けられるために、私たちのできること」と題して講義しました。

村雲氏は、武蔵野市の防災に関する資料とともに、災害時の安全対策について解説。また約35年武蔵野市消防団員として活動した経験から、地域ボランティアである消防団がどのような役割を果たしているのか詳しく紹介しました。

次回7月24日(火)は学生チームによる未来のまちづくりに向けたグループ別発表会と交流です。邑上守正本学客員教授がコーディネーターを務めます。
事前申し込み不要、入場無料。時間は14時30分から16時まで。聴講希望者は5号館523教室へ直接お越しください。
<2018年07月10日 16時30分>