学部・大学院

戻るインターナショナル・フォーラム(10/29)

世界でいま何が起きているのか、直接学ぶことができる公開講座「インターナショナル・フォーラム」が開講中です。
 
10月29日は、ジャーナリスト(フリーランス)の大津司郎氏が「アフリカ紛争連鎖/成長の陰で ―サヘルからアフリカの角まで―」をテーマに登壇しました。大津氏は、アッシャバーブ(アル・シャバブ)というイスラーム勢力が活動する東アフリカの国・ソマリアの惨状を、自らが出演・監修した映像資料を用いて紹介。蔓延するテロの恐怖を伝えました。
また、「メディアがあまり取り上げない世界のニュースにはヒント・知恵・教訓が集約されている」とし、紛争地に赴いて取材を続ける意義や、フリージャーナリストが直面する苦労なども語られました。

次回11月5日(月)は、師岡カリーマ・エルサムニー氏(アナウンサー、文筆家、獨協大学・慶應大学非常勤講師)が登壇します。

▽時間=4時限(14時30分~16時00分)
▽会場=本学2号館200教室

受講料無料、事前申し込みは不要です。聴講希望の方は直接会場までお越しください。
<2018年10月29日 16時30分>