学部・大学院

戻るスポーツホスピタリティ概論(第9回)

オリンピックやパラリンピックに関与されている様々な分野の方々をゲストスピーカーとして招聘する「スポーツホスピタリティ概論」を開講しています。

第9回となる11月29日は、オリンピアンで公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会広報局広報部戦略広報課の伊藤華英氏が「ゴールデン・スポーツイヤーズがもたらすもの」をテーマに講義しました。

北京大会、ロンドン大会と2度のオリンピック出場経験のある伊藤氏ですが、自身の戦歴を紹介するなかで大学2年次(19歳)に味わった挫折について言及。アテネ大会の国内選考で落選したことについて、心技体の「心」が足りなかったと振り返るとともに、その経験があったからこそ、その後のオリンピック出場につながったと語りました。

また、信念こそが自分で取捨選択していくなかで大事なバロメーターになるため、「信念を持つこと」の大切さを受講生に訴えました。

次回は12月6日(木)。オリンピアンでフライシュマン・ヒラード・ジャパン株式会社FHスポーツ&エンターテイメント事業部シニアコンサルタントの池田信太郎氏が登壇します。

▽時間=5時限(16時10分~17時40分)
▽会場=本学5号館511教室

受講料無料、事前申し込み不要のため、聴講希望の方は直接会場までお越しください。
<2018年11月29日 18時31分>