学部・大学院

お問い合わせ

入試・広報センター

戻る【後期】街づくり未来塾(12/4)

「まちを知り、住み続けられるまちの未来像を描く」をテーマに、「街づくり未来塾」(全4回)が開講中です。同講座では、地域社会と大学が相互理解を深め、豊かな街づくりを目指します。

12月4日の第2回は株式会社電通ソリューション開発室ディレクターの斉藤徹氏が登壇し、「武蔵野らしさ、吉祥寺らしさを活かしたまちづくり」と題し講義しました。

斉藤氏は、国木田独歩の随筆「武蔵野」や、田山花袋の「東京近郊1日の行楽」などを取り上げ、過去の武蔵野や吉祥寺がどのように描かれているか紹介しました。その後、吉祥寺発展の歴史をたどり、今後100年リーディング・タウンとなるためには何が必要かを解説しました。

 次回は1月8日(火)、吉本光宏氏(株式会社ニッセイ基礎研究所 研究理事)が「文化を起点としたまちづくり」 をテーマに登壇します。

 事前申し込み不要、入場無料。時間は14時30分から16時まで。聴講希望者は5号館523教室へ直接お越しください。
<2018年12月04日 16時30分>