学部・大学院

戻るインターナショナル・フォーラム(12/17)

世界でいま何が起きているのか、直接学ぶことができる公開講座「インターナショナル・フォーラム」が開講中です。
 
12月17日は、東京農工大学農学部環境資源科学科教授の高田秀重氏が登壇し、「海洋のプラスチック汚染とその対策」をテーマに講義しました。高田氏は、海岸に打ち上げられた大量のプラスチックゴミの写真を見せ、我々が日常生活で何気なく使用しているものが環境破壊を招いていることを解説。「中国や台湾から流れてくるゴミに悩まされ、日本は被害ばかり受けていると思っている人が多いが、日本のゴミはハワイやカナダに流れ着いている。誰もが被害者であり、加害者である」と聴講者に訴えました。

次回12月24日(月)は、立教大学兼任講師の阿部朋恒氏が登壇します。

▽時間=4時限(14時30分~16時00分)
▽会場=本学2号館200教室

受講料無料、事前申し込みは不要です。聴講希望の方は直接会場までお越しください。
<2018年12月17日 17時30分>