学部・大学院

戻る平成30年度 武蔵野市寄付講座「現代教養特講」が終了

武蔵野市寄付講座「現代教養特講」が1月23日に最終回を迎えました。本講座は、武蔵野市内の各大学において、市民が学生とともに大学の研究成果を学ぶことができるように設けられた特設講座です。

今年度本学では、高山陽子国際関係学部教授と今野裕子同学部講師がコーディネーターとなり、「現代日本における多文化共生」をテーマに15回講義が展開されました。

この日は講義終了後、修了式が行われました。今年度は64名の聴講者に修了証が贈られ、10名の皆勤者が代表として権丈英子副学長から表彰されました。権丈副学長は「本講義が皆さまの知的好奇心を大いに満たしたことを期待するとともに、今後の多文化理解、異文化交流へと繋がることを望んでいます」とあいさつしました。

また、武蔵野市教育委員会生涯学習スポーツ課係長の増田美照氏は「今後も大学とタッグを組んで、質の高い生涯学習を提供していきます」と語りました。

当講義の次年度の開講スケジュールについては、毎年次のページで順次案内しています。  
<2019年01月23日 16時00分>