学部・大学院

戻る荒井ゼミが「IBインカレ」に出場し、入賞と最優秀討論者賞を受賞  

12月9日に立教大学で開催された「第8回国際ビジネス研究インターカレッジ大会(IBインカレ)」に出場した荒井将志国際関係学部講師のゼミが入賞および最優秀討論者賞を受賞しました。

同大会は、大学のゼミナールにおける研究成果を学術論文形式で発表し、チーム対抗で優勝を目指す研究報告の全国大会で、今年は12大学16ゼミ27チームが参加しました。荒井ゼミからは2チームが参加し、それぞれ「ユーザーイノベーションによる企業の生産性向上の分析」、「電子・電気機器産業における新しい模倣概念の検討」と題して研究論文を執筆し、プレゼンを行いました。

電子・電気機器産業に関するテーマで発表を行ったチームは厳しい予選会を1位で通過し、本選に出場。入賞を獲得しました。また大会を通じて日本語・英語ともに最も議論を盛り上げた学生1名に贈られる「最優秀討論者賞」に同ゼミから寺井夕貴さんが選ばれました。

△入賞した<チーム糖質無制限>の発表風景

△最優秀討論者賞を受賞した寺井さん

<2019年01月31日 11時39分>