学部・大学院

お問い合わせ

入試・広報センター

戻る日本経済の現状と展望(5/28)

経済学部専門科目「日本経済の現状と展望」を広く一般にも開講しています。

5月28日は、ぱるす出版株式会社 代表取締役社長(元株式会社ぎょうせい企画担当執行役員)の梶原純司氏が、「出版界の現状と今後」をテーマに講義を行いました。

梶原氏は、近年書店の経営が困難になっている理由について、かつて読者層の大きな割合を占めていた学生の本離れを指摘。本を買う人が減ると、本1冊の値段が高くなり、金銭的に余裕がない学生が本を買うことができなくなり、さらに価格が上がっていくという悪循環に陥っていると解説しました。

また、本の役割について、「インターネットサイトや新聞記事のような断片的な情報だけでは知識が身につかない。体系化されている本を読むことで、『幹』を持つ人になってください」と、推薦図書を紹介しながら受講者に読書をする習慣を促しました。

次回は6月4日(火)で、首都大学東京経済経営学部教授の村田啓子氏が登壇します。

▽時間=4時限(14時30分~16時00分)
▽会場=本学2号館200教室
受講料無料、事前申し込み不要のため、聴講希望の方は直接会場までお越しください。
<2019年05月28日 16時30分>