学部・大学院

戻る「海獣の子供」メイキング特別講座開催される

都市創造学部のサイトウ・アキヒロ教授が授業の一環として、アニメーション映画のメイキング特別講座を5月29日に開催しました。

これは、STUDIO4℃のクリエーターを外部講師に迎え、映像業界を志す学生を対象に開催。6月7日(金)から公開される映画「海獣の子供」の映像を一部見たあと、アニメーション映画がどのように作られるのか、どういうポイントで作られるのかという視点から制作の過程を学びました。

講師は、「アニメの作業工程は、企画・脚本などの『プリプロダクション』。原画・動画・レイアウトなどの『プロダクション』。編集・アフレコなどの『ポストプロダクション』の3つを経て作成されます」と解説。講義は主にプロダクションを中心に行われました。

講義後の質問では、「どのような原作が、映画にしやすいですか。また、逆に作りづらいですか」などおよそ30分間質問が途絶えず、学生の映像業界に対する深い関心と興味がうかがえました。
<2019年05月29日 20時40分>