学部・大学院

戻る企業論Ⅰ(7/5)

東京経営者協会の提供講座「企業論Ⅰ」を開講しています。

7月5日は、都築電気(株)人事部第一人事課長の井石明男氏が「企業人としての経験~特に技術者(SE職)~」をテーマに講義しました。

井石氏はICT業界の規模や構造について、企業名をあげながらわかりやすく解説。「都築電気のようなシステムインテグレータとは、企業情報システム構築を顧客の要望に応じて『企画⇒構築⇒運用』まで一括して提供する事業者のことであり、トータルソリューションプロバイダとして、顧客の問題を解決していることはもちろん、広く社会にとって便利な世の中を創出している」と語りました。

さらに情報システム構築における開発の流れをフェーズごとに説明し、なかでも「運用・保守」は新たな課題やニーズを拾い上げて次の案件につなげていく大切なフェーズであると語ったほか、自身の過去の失敗談を披瀝しつつ、社会に出たときの「ホウレンソウ(報告・連絡・相談)」の大切さも説きました。

外部講師最終回となる7月12日(金)はライオン(株)監査室の藤原康祐氏が登壇します。時間は14時30分からで、会場は200教室。一般の聴講も自由です。予約不要、受講は無料。希望者は当日直接会場まで。
 
<2019年07月05日 16時47分>