学部・大学院

戻る企業論Ⅰ(7/12)

東京経営者協会の提供講座「企業論Ⅰ」が外部講師の最終回を迎えました。

最終7月12日は、ライオン(株)監査室の藤原庸祐氏が「就活生にとっての具体的取組~『良いご縁(会社)をGET』」するには?~」をテーマに講義しました。

藤原氏は自社のある商品の事例を挙げながら、商品開発における背景を語りました。そのなかで、品質(安全・衛生・環境)の確保と保証といった「モノ作り」から、お客様の悩みを解決する「コト創り」までこだわっている点、さらにその具体的な取り組みについて紹介しました。

また、「社会で働くとは?仕事とは?」をテーマに、学生と社会人、正社員とアルバイトの違いなどを自律・他律の視点から解説。会社は、自分で舵を取り、自分の行動に責任を持つ「自律」の視点を持っている人を求めており、学生時代の「他律」から自己変換していくことが必要となるため、ぜひこの視点を持ってほしいと訴えました。
<2019年07月12日 16時27分>