学部・大学院

戻る「キャリア・インターンシップ」成果報告会を行いました

全学共通科目「キャリア・インターンシップ」のインターンシップ成果報告会が、10月8日に学内で開催されました。

当日は、夏季休暇中に証券会社や信用金庫、建設会社などでインターンシップを体験した3年生5人が、受け入れ先企業の担当者や2年生に向けて、10分間の成果報告を行いました。

音響機器メーカーで5日間の就業体験をした学生は、ドライバーユニット(ヘッドホンの音を鳴らす機構)を売り込む新市場を開拓し、売り込み戦略を企画して営業部に対して行うプレゼンテーションを作成したことを発表。「自分の意見や感想を伝えるのではなく、商品の特徴やポイントを伝える難しさを実感しました。十分な知識を身につけて明確な発表をするのが今後の目標です」と報告しました。

企業の担当者から「インターンシップ中、具体的に説明することの重要性を伝えていましたが、日に日に実践できるようになったと思います。今回の発表でもそれが活かされており、簡潔でわかりやすい説明に成長を感じました」と講評がありました。

その他の発表者からは、「営業に同行させてもらえてイメージをつかむことができた」「債権等の計算方法の複雑さを実感。業界用語の多さに苦労したので今後勉強していきたい」などの声があり、今回のインターンシップが将来のキャリアにつながる絶好の機会になったことがうかがえました。
<2019年10月08日 16時00分>