学部・大学院

お問い合わせ

入試・広報センター

戻るスポーツホスピタリティ概論(第6回)

オリンピックやパラリンピックに関与するさまざまな分野から外部講師を迎え、具体的なスポーツビジネスの事例に対するオペレーションやプランニングについて学習する導入科目「スポーツホスピタリティ概論」が開講中です。

第6回となる11月7日は、公益財団法人笹川スポーツ財団理事の佐野慎輔氏が「祝祭がやってきた~メガイベントを生かすために~」をテーマに講義しました。冒頭でラグビーワールドカップでの日本代表の活躍がラグビーの人気を高めただけでなく、「ノーサイド(試合が終わった瞬間に敵味方の区別がなくなること)精神」の広がりや日本文化の発信につながったと語った佐野氏。「東京オリンピック・パラリンピック、関西ワールドマスターズゲームにつながる"ゴールデンスポーツイヤーズ"が始まった」と話し、今後のスポーツ市場拡大に向けた方向性として、スタジアム・アリーナの改革や大学スポーツの振興、スポーツ人材育成の重要性について解説しました。

11月14日(木)は、スポーツ庁の今泉柔剛氏が登壇する予定です。受講料、事前予約ともに不要で、市民にも開放しているため、受講希望者は直接会場へ。時間は16時10分から17時40分。会場は511教室。
<2019年11月07日 15時07分>