学部・大学院

お問い合わせ

入試・広報センター

戻る国際関係学部「アクティブキャリア入門」で特別講義を行いました(12/3)

国際関係学部の専門科目「アクティブキャリア入門」で、外部講師を招いて特別講義を行いました。同科目は、グローバル人材に必要とされる"社会人基礎力”の養成を目的とし、1年生を対象に開講されています。

12月3日は、東京エアトラベル・ホテル専門学校教員の松川はるみ氏を講師に迎え、「エアラインと語学~グローバルな仕事に関わる楽しみ」をテーマに授業を行いました。
 

国際線の客室乗務員として世界各地を飛び回り、現在は東京エアトラベル・ホテル専門学校のエアライン科、英語キャリア科で教鞭をとっている松川氏。自身の経験をもとに、国際線客室乗務員のライフスタイルや女性としてのキャリア形成について解説しました。外国人の同僚と仕事をした経験について触れた松川氏は、「相手の文化やバックグラウンドを理解していることが必要不可欠」と語り、グローバルな環境でのキャリア形成を目指す学生たちにエールを送りました。

授業では4つのグループに分かれて、「航空会社で行っている独自のサービス」や「次に就航するならどの都市がよいか」などをテーマにグループワークを行い、学生たちは航空業界についての理解を深めました。

また、松川氏は現在、NPO法人スペシャルオリンピックス(日本・東京)でボランティア活動も行っており、ここでの経験についても学生に語りました。
 
<2019年12月03日 19時00分>