学部・大学院

お問い合わせ

入試・広報センター

戻るスポーツホスピタリティ概論(第10回)

オリンピックやパラリンピックに関与するさまざまな分野から外部講師を迎え、具体的なスポーツビジネスの事例に対するオペレーションやプランニングについて学習する導入科目「スポーツホスピタリティ概論」が開講中です。

第10回となる12月12日は、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会大会運営局飲食サービス部事業者調整課主事の渡邉剛史氏が「東京オリンピック・パラリンピック競技大会における飲食サービス」をテーマに講義しました。

渡邉氏は冒頭で、安全管理、栄養管理、多様性の促進、暑さ対策、持続可能性などの観点から東京2020大会での飲食サービスについての基本戦略を紹介し、選手村における具体的な取り組みについて解説しました。さらに、リオデジャネイロ大会やロンドン大会での写真を用いて飲食施設やサービス内容について過去の事例も説明し、「東京大会ではアスリート全員が自己ベストを残せるようサポートを行っていきます」と語りました。

1月9日(木)は、スポーツ庁の今泉柔剛氏が登壇する予定です。受講料、事前予約ともに不要で、市民にも開放しているため、受講希望者は直接会場へ。時間は16時10分から17時40分。会場は511教室。
<2019年12月12日 15時01分>