学部・大学院

お問い合わせ

入試・広報センター

戻る【国際関係学科】合同ゼミ企画「Digital出会いの広場」を実施しました(7/3)

コロナウィルス感染拡大の影響で授業がオンライン化され、同級生間のつながりもまた上下級生間のつながりもなかなか作れずにいる1年生たちに、少しでも大学生活のワクワク感を感じて欲しいとの熱い思いを秘めた上級生10人の協力のもと、2020年7月3日(金)2限に国際関係学科のオリゼミの時間を活用し、久野新ゼミ(14人)、福嶋崇ゼミ(15人)、向和歌奈ゼミ(13人)の3ゼミ合同で「Digital出会いの広場」を開催しました。

毎年恒例の2泊3日での出会いの広場とは少し勝手が違い、上級生も教員も試行錯誤での挑戦でしたが、上級生による大学生活に関するプレゼンや、五つの班に分かれての小グループでの時間などを設けて「出会い」を楽しみました。小グループは上級生ペアが1年生をリードする、いわゆる出会いの広場特有の「班付き」と「班子(はんご)」の関係を少しでも体感してもらえるよう、工夫をしてみました。

△福嶋ゼミ3年・林さんによるプレゼン中の様子

△久野ゼミ3年・長畑さんによるプレゼン中の様子

__DATA235__

△向ゼミ4年・荒井さんによるプレゼン中の様子

1年生からは授業、留学、他学部との交流、学外での活動、教職などさまざまな質問が上級生に対して投げかけられ、あっという間に授業時間が終わってしまいました。「時間がぜんぜん足りなかった!」という声が多く聞かれました。

2泊3日の鬼怒川での出会いの広場と比較すると多くの時間的・物理的な制限があり、特に上級生たちからは「1年生たちに伝えたいことをすべて伝えられなかった!」とのフィードバックももらいましたが、それでも、いま私たちができる精いっぱいを投じて、少しでも1年生たちに亜細亜大学国際関係学部国際関係学科の一員であること、仲間が大勢いることを感じてもらえる時間になった……と信じています。

授業の最後に記念撮影をした時にはじけるような笑顔が画面いっぱいに広がったことが、とても印象的でした。

合同ゼミ参加後に1年生に「Digital出会いの広場」の感想を聞いてみたところ、多くの刺激を受けた様子が伝わるコメントが寄せられました。時間を割いてくれた10人の先輩方への感謝の気持ちや、彼らのように充実した大学生活を亜細亜大学で自分たちも送りたいと改めて向こう4年間への期待を各々の言葉で素直に熱意をもって書いてくれた1年生たちの言葉に、主催した私たち教員もたくさんの希望をもらいました。

《寄せられた感想》
  1. ●オンライン上でしたが、このような大人数での交流できる機会はなかなかできない経験なので、忘れられないよい体験ができました。
  2. ●あの人数の顔を一度にみる機会が最近なかったので、シンプルに圧倒され、やっとたくさん人がいる大学に入学したという実感を得ることができました。
  3. ●大学に行けなく不安なことだらけでしたが、同級生や先輩方の顔を見て直接話すこともでき、また学校生活や留学などさまざまな話が聞けて、この人たちと同じキャンパスに通って大学生活を送れるのだという期待が生まれ、学校に行くのがとても楽しみになりました!
  4. ●先輩方のコミュニケーション能力の高さに驚き、感激しました。これから先輩たちのように努力してがんばっていきたいと思いました!
  5. ●先輩たちの話を聞いて、大学生のうちにできることをたくさんやってとても充実した学生生活を送っていることがわかり、自分もこのように何か一つでもスキルを身につけたり、他の大学の人や、国籍が違う人と交流してみたい気持ちが強くなりました。
  6. ●先輩方には感謝の気持ちしかないです。先輩方からもっといろんなことを学びたいと思いました。Digital出会いの広場をもう一度開催して欲しいです!
<2020年07月10日 14時22分>