学部・大学院

戻る「Sport Policy for Japan 2020」でホスピ・石黒ゼミ生が特別賞を受賞しました

大学生による日本のスポーツ政策についての研究成果と提言を持ち寄り、意見交換と交流を図る「スポーツ政策提言コンペ Sport Policy for Japan 2020」が11月21と22日にオンラインで開催されました。

同コンペに出場した経営学部ホスピタリティ・マネジメント学科の石黒えみ准教授のゼミチームが「特別賞」を受賞しました。

受賞したのは、北原海哉君、杉山海斗君、石川菜々子さん、尾形俊輔君の3年生4人からなる石黒ゼミBチーム。
『コロナ禍におけるスポーツ実施率向上プロジェクト~地域の魅力を活かした「スポーツマイクロツーリズム」の提案~』をテーマに発表を行いました。

「スポーツマイクロツーリズム」とは、3密を避けながら地元の方が近場で過ごす旅のスタイル「マイクロツーリズム」と「スポーツ」を掛け合わせ、チームで考案した考え方・取り組みです。自身が学ぶホスピタリティ業界がコロナ禍で落ち込んでしまったことを目の当たりにし、産業の活性化と改善策を見つけたいという思いでテーマを選んだと語ってくれました。

コンペの発表に向けて6月から11月の約5か月間、資料作成や発表準備に取り組んだBチーム。石黒先生には、テーマ策定から根拠資料の確認、発表方法などについて度々助言を仰ぎながら作業を進めたそうです。

「ただ、従来と環境が異なる中、全員がそろって対面で活動ができたのは2回だけ。資料収集や調査もほぼ全てをオンラインで進めなければいけませんでした。チームのやり取りはビデオ通話やメールが中心で、細かい進捗状況の把握やコミュニケーションを取るのが難しく、いつもより主体性が求められた気がします」、「コンペが初のオンライン開催で不安も大きかったです。その分、パワーポイントの準備や発表を入念にリハーサルしたので、当日はあまり緊張することなく、楽しみながら発表できました」と振り返るメンバーたち。

約300人・54チームが参加する中、「スポーツ×ツーリズム」というホスピタリティ・マネジメント学科らしいテーマで入賞を手にしました。

△オンラインによるコンペ発表の様子

<2020年12月07日 10時59分>