学部・大学院

戻る経営学科髙石ゼミのチームが「2020年度知財活用スチューデントアワード」で優秀賞を受賞しました

​12月12日にオンラインで開催された「2020年度知財活用スチューデントアワード」(主催:西武信用金庫)で本学経営学科・髙石光一教授の3年生ゼミナールチーム「おちゃっぴぃ」が優秀賞を受賞しました。このコンテストは開放特許を使用したビジネスのアイデアを大学生が競うものです。

△ペンダント型の集音器

△ペンダント型の集音器(※イメージ)

同チームはAPD(聴覚情報処理障害)※1を抱える人の情報処理を補助するペンダント型の「HAPPY talk」の開発を考案しました。イヤホンとペンダント型の集音装置、情報処理アプリを連動させ、必要な情報を要約・再生する製品です。APDに着目した経緯はチームに「ピアサポーター」※2がいたことも影響しているそうです。既に開発されている機器はあるものの、高額な価格や身につけることに抵抗を感じる人も少なくなく、普及に至っていない現状に一石を投じました。

△打ち合わせの様子

△在宅メンバーも一緒に資料を推敲する

APDに関する知識を深める過程で、聴覚障害学を専門とする国際医療福祉大学の小渕千絵教授の存在を知り、教えを仰ぎます。「当事者の声を拾うだけでなく社会的課題の解決にも貢献したい」と実現化に向け勢いがついたそうです。このコンテストでは中小企業と連携して製品開発を行うことがコンセプトとなっており、企業を選出し働きかける行動力も欠かせません。SNSを活用してAPD当事者に現状の悩みや希望をヒアリングしていく中で、理想とする製品イメージを固め、企業への打診を試みました。

ブレーンストーミング、資料作り、企業対応の進行にあたって8人のチームメンバーをまとめたリーダーの川名さんは「今年は新型コロナウイルス感染症の感染拡大のために皆で集まることができず、課題やアルバイトを終えてから夜中にオンラインで打ち合わせをスタートさせることもありました」と普段とは異なった活動形態での適応に苦労をにじませます。そのような中でも、「製品化を待っています!」という当事者の声に励まされ、皆がそれぞれの任務に積極的に取り組んだことで理想を追求できたと振り返りました。

△チーム「おちゃっぴぃ」

△チーム「おちゃっぴぃ」

晴れて優秀賞を獲得した「おちゃっぴぃ」ですが、発表当時は他校のレベルの高い開発提案を聞いて自信を無くしてしまったそう。しかしながら●理想を追求した姿勢●市場の大きさ(APDだけでなく高齢者にも)●ターゲット層の拡大により単価の改善が見込める●施設設備としても活路が見込める、といった様々な点が評価につながりました。今後は製品化に向け企業との連携に力を注ぐことになります。

最後に川名さんは「私は経営学科で取り組んでいたスチューデントカンパニー・プログラム(学内に会社を設立、商品の開発・生産・販売を行う、実技体験型の経済教育プログラム)での株式会社経営の経験をアウトプットするかたちでコンテストに挑むことができました。チームの皆と社会問題に向き合い、当事者の声を聴き、製品を世に出して社会を変えていく一歩を踏み出せた達成感は何物にも代えがたいです。コロナ禍であっても成果を出せたことで自信も持てました」と語ってくれました。

※1 APD(聴覚情報処理障害):「聴力は正常でも、人混みなど雑音の多い場所では必要な音や話を選び取れず、理解できなくなってしまう症状(NHK「未来スイッチ」HPから引用)」のことで、日本では約240万人がこの症状をもっているとされている

※2 ピアサポーター:本学で障がい学生の授業や学内の移動などを他の学生が支援する制度のもとで活動する学生スタッフ

<2021年01月15日 11時46分>