学部・大学院

戻る経営学部・重田ゼミが眼鏡着脱による顔印象への影響について報告会を開催しました

経営学部ホスピタリティ・マネジメント学科の重田みゆきゼミ(通称:MYK)による「メガネとフレームがもたらす顔印象への影響と効果」をテーマとした報告会が8月2日に学内で開催されました。当日は株式会社インターメスティックが運営する眼鏡店Zoffと、デジタルマーケティング広報を展開する株式会社PA Communicationからゲストを迎え、学生による685人への街頭インタビューの結果と分析・考察が発表されました。

ホスピタリティを学ぶ学生らしく、趣向をこらした「もてなし」でゲストの関心を引き、スタートしたプレゼンテーション。学生たちは自作したスライドを活用して、眼鏡着脱時の印象の変化や、メガネフレームが与える「好印象」への効果検証結果をテンポよく論じました。

各社から出席したゲストからは、事例検証や考察のあり方が評価されたほか、ファッション性を切り口とした分析にも関心が寄せられました。また、エンターテインメント性の高いプレゼンテーションの構成に加え、膨大なインタビューデータによって細やかな印象の変化にまで言及した報告内容に高い評価の言葉が贈られました。

<2022年08月04日 12時57分>