学部・大学院

戻る厚生労働省年金局主催「学生との年金対話集会」が開催されました

厚生労働省年金局が主催する「学生との年金対話集会」が、11月10日に本学キャンパスで開催されました。集会は講義と座談会の2部構成で行われ、本学からは法学部法律学科教授の中益陽子教授のもとで学ぶゼミナールの学生が参加しました。

第1部では、厚生労働省年金局職員の本田氏より「わたしの年金とみんなの年金」と題して講義が行われ、年金の基礎知識に関する説明から始まり「なぜ年金が必要か」「払った年金がいくらになるか」「今後の年金制度の展望」など、年金に対して学生が感じるであろう疑問を分かりやすく解説されました。

第2部では、同局職員の添田氏と馬奈木氏を交えて座談会方式での意見交換が行われ、第1部の講義を受けて学生が考えたことや疑問、年金に対して普段感じていることなどを語り合いました。

<2022年11月15日 16時00分>