学部・大学院

戻る履修モデル:国家公務員・地方公務員-国税専門官・税務署員

国や地方の収税にかかわる公務員として社会で活躍することを希望する学生のための履修モデルです。

1年次

ミクロ経済学Ⅰ・Ⅱ 経済学基礎数学Ⅰ・Ⅱ
マクロ経済学Ⅰ・Ⅱ 経済史概論Ⅰ・Ⅱ
入門経済学 基礎会計学
  1. 1年次では必修科目を中心に主に経済学の基礎を学修します。
  2. ミクロ経済学とマクロ経済学を合わせて「経済原論」と呼び公務員試験の試験科目となります。

2年次

ミクロ経済学Ⅲ 租税論Ⅰ・Ⅱ
マクロ経済学Ⅲ 憲法
財政学 財務会計論
日本経済論 民法
  1. 2年次では政府の経済的な役割を学修する科目を中心に学修します。
  2. 2年次と3年次には法律についても学習します。

3・4年次

経済成長論 企業法
国際経済学 経営学
公共経済学 現代ミクロ経済学Ⅰ・Ⅱ
欧米経済史 現代マクロ経済学Ⅰ・Ⅱ
専門演習 商法
3・4年次では現実の日本経済における税金を通した政府と企業のかかわりを学修します。

 

【備考】

  1. 選択必修科目と選択科目の一部はフリーゾーンとして履修単位が認定されます。
  2. 専門科目のほかに英語や地理・歴史などの全学共通科目を履修することが望ましいでしょう。

〈2015年4月1日更新〉