学部・大学院

戻る履修モデル:税理士・公認会計士

会社の納税に関する業務を専門に行う税理士、あるいは財務状態を分析・調査しその会社に助言することを専門に行う公認会計士を目指す学生のための履修モデルです。 

1年次

ミクロ経済学Ⅰ・Ⅱ 経済学基礎数学Ⅰ・Ⅱ
マクロ経済学Ⅰ・Ⅱ 経済史概論Ⅰ・Ⅱ
入門経済学 基礎会計学
1年次では必修科目を中心に経済学の基礎を主に学修します。

2年次

ミクロ経済学Ⅲ 金融論
マクロ経済学Ⅲ 財政学
計量経済学 管理会計論
国際経済学 財務会計論
2年次では金融や企業会計の基本となる科目を中心に学修します。

3・4年次

日本経済論 コーポレートファイナンス
開発経済学 商法
専門演習 ファイナンス
企業法 金融商品取引法
3・4年次では現実の日本経済における金融を中心に学修します。

 

【備考】

  1. 選択必修科目と選択科目の一部はフリーゾーンとして履修単位が認定されます。
  2. 一部の科目は他学部科目を受講します。

〈2018年5月18日更新〉