戻る授業内容(入学後のプロセス)

博士前期課程

修了要件:2年以上在学し、32単位以上の科目を修得し、修士論文等の審査及び試験に合格すること。

※ブルーの部分は授業実施期間です

法学研究科 博士前期課程 1年次

4月 入 学 式 4月1日に挙行します。
新入生ガイダンス 新入生ガイダンスは、学生生活に必要な事項を説明します。
  履 修 登 録 新入生の履修登録は、指導教授の指導のもと1年間の研究計画を立て、履修科目を決定します。
5月    
6~7月    
8~9月 夏 季 休 暇 8月上旬から9月下旬まで夏季休暇
     
10月    
11月    
12月    
  冬 季 休 暇 12月下旬から1月上旬まで冬季休暇
1月    
2月   自主学習期間
3月 1年次成績発表  

法学研究科 博士前期課程 2年次

4月 履 修 登 録 2年次の履修登録は、指導教授の指導のもと修士論文等作成のための計画を立て、履修科目を決定します。
5月    
6月 修士論文等提出に伴う「研究計画書」提出 3月に修了するため、修士論文等提出に伴う研究計画をまとめます。
7月    
8~9月 夏 季 休 暇 8月上旬から9月下旬まで夏季休暇
     
10月 修士論文等中間報告書提出 11月に行われる修士論文等中間報告会の報告書を作成し審査委員の教授方へ提出します。
11月 修士論文等中間報告会 中間報告会は、修士論文等完成に向けた研究内容を報告し、論文等審査委員の教授方からの指導を受けます。
教授方からの指導をもとに修士論文等の完成を目指します。
12月    
  冬 季 休 暇 12月下旬から1月上旬まで冬季休暇
修士論文等を完成させます。
1月 修 士 論 文 等 提 出 授業再開後、指導教授から修士論文等の最終確認を受け、修士論文等の提出を行います。
2月 修 士 論 文 等 の 試 験 修士論文等をもとにした口頭試問を行います。
修了年次成績発表及び学位取得者発表 2月末に学位取得者を発表します。
3月 学 位 授 与 式 3月15日に挙行します。

博士後期課程

修了要件:3年以上在学し、12単位以上の科目を修得し、博士論文の審査及び試験に合格すること。 以下は、3年間で博士の学位を取得する場合のプロセス。

※ブルーの部分は授業実施期間です

法学研究科 博士後期課程 1年次

4月 入 学 式 4月1日に挙行します。
新入生ガイダンス 新入生ガイダンスは、学生生活に必要な事項を説明します。
  履 修 登 録 履修登録時に、指導教授の指導のもと1年間の研究計画を立てます。
5月 研究報告会 これまでの研究の進捗状況を報告します。
6月 研究論集掲載申込 研究論集は、学生の研究成果を論文として公表します。
7月    
8~9月 夏 季 休 暇 8月上旬から9月下旬まで夏季休暇
     
10月 副指導教授決定  
11月 研究論集掲載原稿提出  
12月    
  冬 季 休 暇 12月下旬から1月上旬まで冬季休暇
1月    
2月   自主学習期間
3月 研究論集発行  
1年次成績発表  

法学研究科 博士後期課程 2年次

4月 履 修 登 録 履修登録時に、指導教授の指導のもと1年間の研究計画を立てます。
5月 研究報告会 これまでの研究の進捗状況を報告します。
6月 研究論集掲載申込 研究論集は、学生の研究成果を論文として公表します。
7月    
8~9月 夏 季 休 暇 8月上旬から9月下旬まで夏季休暇
     
10月    
11月 研究論集掲載原稿提出  
12月    
  冬 季 休 暇 12月下旬から1月上旬まで冬季休暇
1月    
2月   自主学習期間
3月 研究論集発行  
2年次成績発表  

法学研究科 博士後期課程 3年次

4月 履 修 登 録 履修登録時に、指導教授の指導のもと1年間の研究計画を立てます。
博士論文審査申請書提出  
5月 研究報告会 これまでの研究の進捗状況を報告します。
6~7月    
8~9月 夏 季 休 暇 8月上旬から9月下旬まで夏季休暇
     
10月 博士論文提出予定者報告会 提出予定の博士論文の発表を行います。
11月 博 士 論 文 提 出  
12月    
  冬 季 休 暇 12月下旬から1月上旬まで冬季休暇
1月    
2月 博 士 論 文 の 試 験 博士論文をもとにした口頭試問を行います。
修了年次成績発表及び学位授与者発表 2月末において、学位授与者を発表します。
3月 学 位 授 与 式 3月15日に挙行します。

〈2016年4月1日更新〉