亜細亜大学国際関係学部亜細亜大学国際関係学部

学部教員の学外活動報告

国際関係学科の久野新教授(国際経済学)が、ロシアへの経済制裁の影響について、日本国際フォーラムのHPに「対ロシア経済制裁の影響:依存関係の非対称性と日本への影響」と題して緊急寄稿しました。
 

「Presentation of Global StudiesⅡ」のプレゼン合同発表会を開催

国際関係学科独自の英語プログラム「Expert Englishプログラム」科目でもある「Presentation of Global StudiesⅡ」の今学期最後の授業(1/20)で、同科目の2クラス合同でプレゼン発表会を開催しました。ラインナップは画像のとおりです。

授業での学修成果をふまえて、受講生たちは英語でのプレゼンとディスカッションに臨みました。伝えたいことをエビデンスを用意し説明し聞きごたえのある内容になっていました。また、聴衆の学生たちからも、発表内容について面白い質問がなされていました。

3・4年合同卒論発表会(福嶋ゼミ)

2022年1月13日(木)、福嶋ゼミでは「合同卒業論文発表会」として、総合ゼミ生(4年生)11名、専門ゼミ生(3年生)9名、福嶋の合計21名によりゼミを行いました。昨年度は感染症拡大の影響もあり完全オンライン型での開催でしたが、今年度は4年生・3年生共に全員が来校し、2年ぶりに完全対面型での発表会にて4年生の最後の晴れ舞台を見守りました!

4年生ゼミはこの2年間、完全オンライン・ハイブリッドの形でずっと進んできました。沖縄在住のゼミ生がいることなどもあり、とうとう4年生ゼミ生が初めて全員集合したのが2021年12月2日(木)の卒業アルバム撮影の日、次いでこの合同発表会の日でした。全員でハート型を作って撮った写真は、いつも以上にとても思い出深い1枚となりました。

2年間、オンラインを主としながら進めてきたゼミでしたが、そうした中で全員で支え合って作ってきたゼミ、そしてその中で書き上げた卒業論文は皆さんの人生の財産となるはずです。一緒に過ごしてきた仲間たちをずっと大切にしてください。どうか皆さんのこれからの人生がずっと輝いたものでありますように。

福嶋崇より、心を込めて。

国際関係学科「卒業論文発表会」をオンラインで開催

1月20日の専門ゼミ(3年生)の時間に、12月に卒業論文を書き上げた4年生の中から8名を迎えて「卒論発表会」を今年もオンライン(一部発表者は教室)で開催しました。いずれの卒論も、社会にある現実的な問題と4年間の国際関係学科での専門的な学びを結びつけ、丁寧なリサーチと考察がなされている力作でした。

今年の4年生は、特にコロナの中で、論文の執筆をしなければならなかったので、例年以上に大変でしたが、各発表では、これから卒論に取り組む3年生へのアドバイスや激励もあり、3年生にとってとても参考になったと思います。
発表のラインナップは次のとおりです。

【経済・ビジネス & 国際協力のセッション】
(1) 鈴木颯人さん「製造拠点の地理的距離が企業に与える影響——ファストファッションブランドを中心として」(荒井ゼミ)

(2) 藤崎颯人さん「タイにおける日系外食企業の標準化・適応化戦略——8番らーめんと大戸屋の事例から」(金ゼミ)
(3) 遠藤麻卯さん「フィリピン人女性の日本への出稼ぎが多い要因」(角田ゼミ)
(4) 田中絵里奈さん「アメリカ移民問題における政策の変遷とその要因——1960 年代以降の公民権運動に着目して」(福嶋ゼミ)

【平和政策のセッション】
(1) 市川千尋さん「北東アジア共同体の限界と可能性」(向ゼミ)
(2) 大上羽奈さん「人種差別撤廃条約からみる日本における『ミックスルーツ』の人々が抱える問題」(富田ゼミ)

(3) 影山太一さん「韓国における中国朝鮮族に関する一考察」(富田ゼミ)
(4) 桒山泰征さん「日本におけるジェンダーに関する迫害を理由とする難民受け入れの留意点」(秋月ゼミ)

IBインカレ2021「最優秀討論者賞」受賞

2021年12月4日にオンライン開催された「国際ビジネス・インターカレッジ大会2021」において、国際関係学科3年 荒井ゼミの北村万葉さんが「最優秀討論者賞」を受賞しました。

この賞は大会において最も議論に貢献した学生に贈られるもので、北村さんは東大や慶大をはじめとする他大学ゼミの研究発表に対して英語で多くの質疑をしたことが評価されました。おめでとうございます。

9月26日(日)のオープンキャンパスの告知

オンライン企画:国際関係学部 ーどちらの学科にする?ー
国際関係学科、多文化コミュニケーション学科の二つの学科を持つ学部について学部長が紹介します。どちらにするか迷っている人は必見。さらに教員から受験生に宛てたメッセージと在学生の率直な声をYoutubeライブ配信で届けます。

1. 学部・学科説明:新井敬夫(国際関係学部長・国際関係学科)
2. 授業紹介(両学科の講義やゼミの様子を映像で紹介します)
3. 研究室紹介と受験生へのメッセージ:秋月弘子(国際関係学科)、小磯千尋(多文化コミュニケーション学科)
4. 在学生と教員の対談:大塚直樹(多文化コミュニケーション学科)、三橋秀彦(多文化コミュニケーション学科)
司会進行:新妻仁一(多文化コミュニケーション学科)

第1回配信 9月26日(日) 10:00-11:30
第2回配信 9月26日(日) 12:00-13:30

事前申込、Youtubeチャンネル登録の必要はありません。どなたでもご覧になれます。

8月21日(土)、22日(日)のオープンキャンパス告知

8月21日(土)、22日(日)のオープンキャンパスは来校型で行う予定です。国際関係学部では学部・学科説明と体験授業、個別の進学相談を実施します。ゼミやフィールドスタディーなど、大学ならではの体験授業を準備してお待ちしています。

8月21日(土)
10:00-10:20 学部・学科説明 新井敬夫(国際関係学部長)
10:20-10:50 体験授業 金炯中(国際関係学科)
国際マーケティング論:「バーモントカレー」に見る国際マーケティングの成功戦略

12:00-12:20 学部・学科説明 新井敬夫(国際関係学部長)
12:20-12:50 体験授業 増原綾子(多文化コミュニケーション学科)
増原ゼミ:ゼミで学ぶ東南アジアの社会と文化

8月22日(日)
10:00-10:20 学部・学科説明 新井敬夫(国際関係学部長)
10:20-10:50 体験授業 向 和歌奈(国際関係学科)
向ゼミ:核問題から考える日本と世界の安全保障

12:00-12:20 学部・学科説明 新井敬夫(国際関係学部長)
12:20-12:50 体験授業 今野裕子(多文化コミュニケーション学科)
多文化フィールドスタディー:日系人について知ろう

※今後国内・都内の状況によりオンライン型に変更する可能性があります。

7月11日(日)のオープンキャンパス告知

7月11日(日)のオープンキャンパスは来校型で大学説明、キャンパスツアー、進学相談などを行います。国際関係学部では学部・学科説明と体験授業、個別の進学相談を予定しています。

10:10-10:20 学部・学科説明 新井敬夫(国際関係学部長)
10:20-10:50 体験授業 福嶋崇(国際関係学科)「国際協力入門:アフリカにおける開発の現状」

12:10-12:20 学部・学科説明 新井敬夫(国際関係学部長)
12:20-12:50 体験授業 荒井将志(国際関係学科)「国際ビジネス論:その商品はどこの国製?〜Made in ?〜」

オープンキャンパスの申込予約は以下、大学Webページで行ってください。

オンライン企画:国際関係学部 -どちらの学科にする?-

国際関係学科、多文化コミュニケーション学科の二つの学科を持つ学部について学部長が紹介します。どちらにするか迷っている人は必見。さらに教員から受験生に宛てたメッセージと在学生の率直な声を届けます。

2021年6月20日(日)12:10-13:10

プログラム
1.学部・学科説明:新井敬夫(国際関係学部部長・国際関係学科)
2.研究室紹介と受験生へのメッセージ:秋月弘子(国際関係学科)、小磯千尋(多文化コミュニケーション学科)
3.在学生と教員の対談:大塚直樹(多文化コミュニケーション学科)、三橋秀彦(多文化コミュニケーション学科)

以下の亜細亜大学国際関係学部チャンネルにてYoutubeライブストリーミング配信します。

※事前申込の必要はありません。どなたでもご覧になれます。

「出会いの広場」始まる

新入生のオリエンテーションイベント「出会いの広場」が4月7~9日の日程で始まりました。

昨年は残念ながら中止となり、一昨年までは鬼怒川温泉での合宿形式で行われていましたが、今年は大学での対面とオンラインを併用して行っています。初日は大学で対面の班別ミーティングが開かれ、先輩学生がリードして自己紹介やレクリエーションなどを行いました。そのあとキャンパスツアーを行って4年間学ぶキャンパスを見て回りました。

本日2日目・3日目はオンラインで、学科紹介や「なんでも相談アワー」が行われます。

もっと見る

「亜細亜大学国際関係学部ブログ」は、国際関係学部の教育や研究内容を配信するウェブサイトです。

掲載の記事・写真・図表、音声データなどの無断転載を禁止します。著作権は亜細亜大学またはその情報提供者に帰属します。

アーカイブ