学部・大学院

戻る履修モデル:エクスパート英語プログラム

*平和政策コースを履修する場合

平和政策コースで、紛争解決や平和構築の問題を探求します。

国際政治学および国際法を軸に、国際紛争の防止や平和的民主的な政治体制の構築について広く学び、あわせて公務員試験等に役立つ専門知識を学ぶモデルです。また、英語で国際関係を学ぶためのエクスパート英語科目は、自分の英語力の向上に合わせて履修を積み上げていくことが可能です。

(科目は専門科目のみ記載)

1年次

オリエンテーションゼミ 基礎ゼミ
国際英語Ⅰ 国際英語Ⅱ
政治学概論 国際法入門
法学概論 日米関係入門
国際政治入門 アクティブキャリア入門Ⅱ
国際協力入門 Academic Reading Ⅰ
アクティブキャリア入門Ⅰ Academic Writing Ⅰ
必修のゼミに加えて、社会科学各分野の基礎となる概論科目をしっかり学習します。まずはできるだけ関心を広く持っていろいろな概論科目を履修し各学問分野に触れてみましょう。そのうえで国際法や国際政治の入門科目を履修していきます。また、必修の国際英語Ⅰ、国際英語Ⅱは、全学共通科目の英語(フレッシュマン・イングリッシュ)とともに、実りある留学を準備するための重要な科目です。そのほか選択で「EIS」、全学共通科目の英語や文章力強化のための「文章表現」も履修しておきます。

2年次

プレ専門ゼミ AUAP
国際政治学
国際人権法
アメリカの政治と外交
国際経済入門
国際協力入門
Presentation of Global Studies
Academic Reading Ⅱ
Academic Writing Ⅱ
前期は専門科目の準備科目として、必修の「プレ専門ゼミ」をはじめ、「国際政治学」「国際人権法」などを履修します。また他コース科目も履修することで幅広い国際的視野が形成されます。英語ではより実践的な「Presentation of Global Studies」を履修して、英語で国際問題をプレゼンテーションするスキルを学ぶのもよいでしょう。「アメリカの政治と外交」ではアメリカの理念や政治文化についても学びます。(エクスパート英語)広い教養を身につけるために「自然科学入門」等の履修も必要です。後期はアメリカ留学(AUAP)やその他の国への留学をとおして英語力の強化・異文化体験を積み重ね、国際的視野を広げます。

3年次

専門ゼミⅠ(国際政治ゼミ) 専門ゼミⅡ(国際政治ゼミ)
紛争解決と国際法 現代政治学
東南アジアの政治と外交 比較政治論
国際ジャーナリズム論 国際機構と法
Global Issues 外交政策論
国際インターンシップ インターナショナル・フォーラム
Global Governance English Seminar Ⅰ
English Seminar Ⅱ  
アメリカからの帰国後、必修の専門ゼミが開始されます。すでに留学前に決まっていたゼミに所属し、専門知識の基礎、発表・討論、レポート執筆方法を少人数クラスで徹底的に学修します。夏休みにゼミ合宿が行われる場合もあります。講義科目ではより専門的な「比較政治論」や「国際機構と法」「外交政策論」「平和構築論」など、平成政策コースの中核科目が開始されます。「国際紛争」がなぜ起きるのか、その防止はいかに可能なのか。深い専門知識を身に付けると同時に、自分の頭で国際社会の諸問題について考える力を養います。また、留学で大きく伸ばした英語力をさらにブラッシュアップするために、英語による講義科目、英語でのプレゼンテーション、ビジネスイングリッシュなどを選択履修することができます。さらに「国際インターンシップ」では、3年次夏休みの海外でのインターンシップの準備と体験ができます。

4年次

総合ゼミⅠ(国際政治ゼミ/卒業論文執筆) 総合ゼミⅡ(国際政治ゼミ/卒業論文執筆)
平和構築論 Advanced Presentation of Global Studies
International Development Global Business
卒業論文執筆という、学部教育の集大成となる課題が控えています。ゼミ指導教員と相談しながら、独自のテーマを見つけ、必要な資料を収集するという作業が始まります。図書館に通うなど、自分自身での学修時間が増えます。そのため授業科目は少なめになり、卒業論文執筆のうえで関連性の高い科目を中心に履修することとなります。また、英語力をさらに伸ばしたい方は、1~4年次配当のエクスパート英語科目の履修もできます。

〈2018年6月18日更新〉