学部・大学院

戻る履修モデル:観光多文化エリア

人は何故旅をするのか。観光地の誕生の背景にある文化的要因を探ります。

ある場所が人を引き付ける特別な場所になる要因は何か。そしてそれが観光地に変容する時その背景にはどんな要因があるのか。人の移動と観光地の関係を歴史的、文化的、社会的要因から学習します。観光を単なる接客のノウハウからではなく多文化的視点にたって考え、提案できる人材を養成することを目指したエリアです。

(科目は専門科目のみ記載)

1年次

オリエンテーションゼミⅠ・Ⅱ 社会学入門
文化人類学入門 フィールドワーク入門
アジア経済社会入門 地域言語初級Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
地域言語初級Ⅳ・Ⅴ・Ⅵ アクティブキャリア入門Ⅰ・Ⅱ

1年次は必修科目が多いので、確実に単位を修得し、今後の学生生活を充実させましょう。多文化世界へのアプローチを基本テーマとする「オリエンテーションゼミ」、さらに社会と文化を分析する知識と基本的ツールを学ぶ「社会学入門」、「文化人類学入門」、「フィールドワーク入門」、「アジア経済社会入門」などの入門科目を履修します。また、学科の特徴である英語と地域言語の習得をめざし、地域言語初級をきちんと学び、言語が使われている文化的な背景について理解を深めます。
全学共通科目における英語科目(フレッシュマン・イングリッシュ)も重要な学びの柱となりますので、AUAP参加の有無に関わらずしっかり学びます。アジア地域への視野を広げる「アジアを知る12章」も履修しておきましょう。また将来のキャリア形成を考えるため、「アクティブキャリア入門」を履修しましょう。

 

2年次

プレ専門ゼミ ソフォモアゼミ
地域言語中級Ⅰ・Ⅱ 他文化フォーラム
観光地理総論 観光文化総論
言語コミュニケーション総論 多文化フィールドスタディー
社会調査概論 アクティブキャリア実践

2年次春学期、AUAP参加の学生は、派遣先大学で英語科目を履修し、本学で引き続き学ぶ学生は、英語科目や概論科目、「ソフォモアゼミ」を履修します。また、多文化共生をテーマとして多様な外部講師が講演するオムニバス講義「多文化フォーラム」も履修しましょう。海外でフィールドワークを行う「多文化フィールドスタディー」も履修できます。
2年次秋学期は、「プレ専門ゼミ」(必修)を履修し、地域言語中級も積極的に履修しましょう。必修選択科目から、エリアの入門科目として「観光文化総論」、「観光地理総論」を履修し、観光研究の基礎を固めます。あわせてコミュニケーション能力を磨くため、「言語コミュニケーション総論」も履修しておきましょう。また、キャリア科目として「アクティブキャリア実践」を履修しておきましょう。

3年次

専門ゼミⅠ・Ⅱ 東南アジアの社会と文化Ⅰ・Ⅱ
インターナショナル・フォーラム 地域言語中級Ⅲ・Ⅳ
観光メディア論 テーマパーク論
世界遺産論 体験で学ぶ地球環境論
Introduction to Academic Research Studies for Multiculturalism
多文化インターンシップ 地域言語上級Ⅰ・Ⅱ

3年次は、「専門ゼミ」で専門分野の基礎知識、資料の収集・分析方法、レポート・プレゼンを通じた表現・発表方法を身につけます。その中でフィールドワークや合宿などが実施される場合もあります。選択科目からは春学期に「観光メディア論」、「世界遺産論」、秋学期に「テーマパーク論」などを履修し、観光文化の多様性を理解します。
また、「多文化フィールドスタディー」、「体験で学ぶ地球環境論」、「多文化インターンシップ」などの体験型科目は、現場から地域と文化に関する問題意識を高めこと、就業体験を通じて将来設計を考えることをめざした学科独自のものです。場合によっては選抜制になりますが、在学中に履修できるよう積極的に準備しておきましょう。

4年次

総合ゼミⅠ・Ⅱ ポップカルチャー論
地域言語上級Ⅲ・Ⅳ 通訳実践論
社会言語学 比較文化論
ダイバーシティ論 開発経済学

4年次は、専門ゼミと連動している必修科目の「総合ゼミ」で教員と相談して指定したテーマに関して、調査・分析、発表を通じて深く学びます。4年間の学修の集大成としてゼミで指定された様式で、卒業研究をまとめる作業が中心になります。春学期に選択科目から「ポップカルチャー論」を履修し、エリア関連科目をすべて履修しておきます。

〈2021年6月8日更新〉