学部・大学院

戻る学びの主役は学生自身

国際関係学部の学びの主役は、学生自身。

国際関係学科、多文化コミュニケーション学科の2学科で構成される国際関係学部。各学科でそれぞれに活躍してきた学生を紹介します。

国際関係学科

国際法、国際政治、国際経済、国際協力など多様な科目を通して、国際性を身につけ、国内外で活躍できる人材を育成する国際関係学科。ここで学び、優秀卒業論文賞を受賞した折茂一穂君の4年間を振り返ります。
 

留学経験を通して
現地で学ぶことの大切さを学ぶ

「現代アメリカの貧困層―公的政策が生み出す問題点―」について卒業論文を執筆しました。きっかけは、2年次に参加した5か月間のアメリカ留学(AUAP)とロサンゼルスでの個人旅行です。 ドラマや映画で見る華やかで豊かなイメージとはかけ離れた、貧困や格差を目の当たりにしたことから始まりました。

留学中、現地のアメリカ人学生に医療制度の実情を聞き、良策に見えたオバマケアに不満を持つ声が少なくなかったことは意外でした。トランプ支持者層の見解や日本の制度との比較検証できる機会にも恵まれ、医療だけでなく、教育、食糧、就労支援といった福祉制度全般を見渡す必要があることに気づかされます。

たとえば、低所得者向けの公的食料費補助である食料配給券制度は、救済制度である一方、栄養の偏ったファストフードの利用を促すことで彼らの健康に害を及ぼし、結局のところ医療費の負担を強いる貧困ビジネスが陰に潜んでいます。こうしたことを現場で見聞きできたことは、テーマに取り組むうえで、その対策を考える使命感にもつながりました。

これまで情報獲得の手段といえば、本や講義からがほとんどでしたが、自分で直接当事者に話を聞き、現場から考察するという1次情報を基に問題点を洗い出し、共通点を見出す作業ができたことは課題解決を模索するうえで有意義だったと思います。文字情報から得るイメージと現実の間には必ず乖離があります。自分の目で見て得る情報の重要性を改めて知ることができました。

帰国後の論文執筆では、文字だけでなく統計データなど数字やグラフを使用して説得力をもたせるよう先生からアドバイスをもらったり、友人から意見をもらったりして、精度を高める一方、参考資料の索引を辿りながら論文を読み込み、自分の論説を組み立てていきました。 

 

△指導教員の伊藤先生(左)

学生時代に、各国の友人たちと出会いさまざまな価値観や世界観があることを知り、その場で直面する問題や疑問に自ら取り組み、必要とする情報を獲得する術を学べたことは卒業後の自分にも大いに生かされると実感しています。

折茂 一穂

国際関係学部国際関係学科卒業

多文化コミュニケーション学科

多文化コミュニケーション学科では、ボランティア活動や海外インターンシップといった国際的な活動など、様々な多文化的経験を重ねることを学科生の皆さんに期待しています。入学時に配布する「多文化パスポート」は活動ごとにポイントをつける仕組みとなっており、学習成果記録帳として学習の振り返りや就職活動に役立てます。ここでは最高得点を獲得した両角沙紀からのメッセージを紹介します。

 

自分のやりたいことを存分に学んだ4年間

学科で開設されている地域言語(アラビア語)の授業を上級まで履修したり、5か月間のアメリカ留学への参加、海外でのボランティア活動をしたりと様々なことに挑戦してきた4年間でした。

もともと、文化や宗教に興味があって多文化コミュニケーション学科への進学を決めました。実際、「比較宗教学」や西アジアや東南アジアなど各地域の文化と社会をより深く学べる授業が多く設けられていて、いつも知的好奇心が刺激されました。 入学時から先生方のフォローも手厚く、何より先生方の専門が面白いものばかり!ゼミ選びも一苦労なほどです。

プライベートでは、学生NGO「ALPHA」というボランティア団体に所属し、フィリピンの小学校を再建(老朽化した校舎など既存のものを対象に)する活動に3年間携わりました。「より安全な建物で学ぶことができるようになって良かった」と生徒の保護者から喜びの声が貰えたときはうれしかったです。

また、村だけでなく都市部やリゾート地にも足を延ばし、1国がもつ多面的な表情を自らの目で見て回ったことも印象深いです。現地の人と顔を合わせ、言葉を交わし、衣食住をともにすることで見えてくる世界を知りました。

△活動の記録が記された多文化パスポートを手に

多文化パスポートに記される軌跡が増えるごとに自分の知見が広がってきたことを実感します。 何事にもとことん取り組める環境に恵まれ、学び通せたことが自信へとつながったと思います。 進路は当初から希望していたUターン就職を叶え、SEとしてゼロからのスタートを切りますが、これからも積極的に挑戦する姿勢で多くの事を学んでいきたいです。
 

両角 沙紀

国際関係学部多文化コミュニケーション学科卒業

〈2018年5月10日更新〉