学部・大学院

戻る実務家教員による授業

法学部は、法科大学院レベルの高度な実務家を専任教員として主要な法律科目に配置し、学生の将来設計をサポートしています。

たとえば、民法分野では裁判官出身の弁護士1名、商法分野では弁護士と企業法務経験者それぞれ1名ずつ、憲法分野では国家公務員経験者1名、さらに公務員になるために必要な行政学・税法はすべての教員が国家公務員経験者という、きわめて充実した体制をとっています。

さらに、これらの教員が「出会いの広場」(新入生オリエンテーション)はもちろん、1年次から授業を担当し、卒業まで指導していきます。

〈2017年5月16日更新〉