戻る出願資格審査

対象者

  1. 大学卒業資格を有していないで22歳に達している者。※博士後期課程の場合、22歳を24歳に読み替えること。例えば、16年課程に満たない短期大学・高等専門学校・専修学校・海外の教育機関の卒業者など。
  2. 16年教育における4年制大学を3年次で退学し大学院に入学した者で、その後本学大学院に出願する者。

 

出願資格審査が必要な場合は、下記の要領に従って審査を受けること。

下表のとおり実施している出願資格審査(書類選考)を受け、当該研究科において出願資格が認められた場合は、入学試験に出願することができる。

出願資格審査希望者は、審査書類提出期間前までに大学院事務課に問い合わせ、必要書類を入手すること。

審査日程

正規生出願希望者対象

第1期(博士前期課程)

審査書類提出期間(締切日消印有効):

平成29(2017)年7月10日(月)~7月14日(金)

 

審査結果発表(審査結果発送日):

平成29(2017)年7月28日(金)までに発送

第2期(博士前期課程・博士後期課程)

審査書類提出期間(締切日消印有効):

平成29(2017)年11月13日(月)~11月17日(金)

 

審査結果発表(審査結果発送日):

平成29(2017)年12月1日(金)までに発送

非正規生出願希望者対象

審査書類提出期間(締切日消印有効):

平成30(2018)年1月22日(月)~1月26日(金)

 

審査結果発表(審査結果発送日):

平成30(2018)年2月7日(水)までに発送

審査書類

下記について注意して書類をそろえること。

  1. 書類は、黒色のインクのペン又はボールペンで記入すること(フリクションインキ等の消せるインクは不可)。
  2. 出願資格審査は、書類選考のため、審査書類(4)(研究実績等)については熟考し、審査資料となるように整えること。
  3. 証明書類は、平成29(2017)年4月1日以降の発行年月日が記載されたものとする。
  4. 証明書類は、特別に指示されていない限り、コピーの提出は認めない。
  5. 婚姻等で氏名が変更され、証明書記載の氏名と異なる場合は、戸籍抄本を添付すること。
  6. 受理した書類は、いかなる理由があっても返還しない。

審査書類 備考
(1)

出願資格審査願

(所定用紙)

●申し出により所定用紙を配付。
(2)

最終学歴の修了(又は卒業)証明書及び成績証明書

※平成29(2017)年4月1日以降の発行年月日が記載されたもの

中華人民共和国の教育機関(香港・マカオを除く)を卒業した者は、卒業証書のコピーも併せて提出すること。
出身教育機関が発行した日本語又は英語で記載された原本を厳封のうえ提出すること。
出身教育機関から日本語又は英語の証明書が発行されない場合は、次のとおり提出すること。
〔中華人民共和国の教育機関(香港・マカオを除く)を卒業した場合〕
「中国高等教育学歴認証報告」(英語版)及び成績証明書原本と本人の翻訳文とともに、中国教育部学歴認証中心による「翻訳文と原文一致の証明」を提出すること。「公証書」は認めない。
〔上記以外の場合〕
原本と志願者本人が原本を翻訳したもの及び翻訳文が正しいことを証明する「公正証書」を提出すること。公正証書は、日本国内では当該大使館で発行される。

(3) 研究計画書(書式自由)

下記の(1)及び(2)の内容をそれぞれA4サイズの用紙1枚以上にまとめること。
(1)研究経過:今まで学んできたテーマ、内容、方法、成果などに関して具体的に記入すること。
(2)研究計画:入学後に学びたいテーマ、内容などに関して具体的に記入すること。

(4) 研究実績等(書式自由)

※職務経歴を研究実績とする場合は「職務経歴申告書」(所定用紙)を使用すること。

出願資格審査は、書類選考のみのため、研究実績等については熟考し、審査資料となるように整えること。

 
【研究実績をもって申請する場合】
(1) 日本においては修業年限4年以上の大学卒業、外国においては学校教育16年課程修了に相当すると思われる研究実績等(刊行された著書・論文・報告書、研究経歴など)を提出すること。なお、中国3年制大学における卒業論文は、研究実績に当たらない。
 
【研究実績以外をもって申請する場合】
(1) 最終学歴以降に通学した教育機関での学習を研究実績として申請する場合は、その在学や卒業(修了)を証明する証明書及び成績証明書を提出すること。
(2) 職務経歴を研究実績として申請する場合は、今まで担当してきた業務内容の詳細を「職務経歴申告書」(所定用紙)に記載し提出すること。なお、中国3年制大学における実習は、研究実績に当たらない。
(3) 資格取得又はその他語学等の能力を研究実績として申請する場合は、A4サイズの用紙に資格や能力を示す内容を記載したものを提出すること。また、資格や能力を証明する書類(コピー可)があれば併せて提出すること。

(5) 出願資格審査結果通知封筒 ●362円切手を貼付した定型封筒(長形3号:A4サイズの用紙の三つ折が入るサイズ)を用意し、出願者の宛先を記入し、同封すること。

審査書類提出方法

  1. 審査書類は、郵便局から必ず「簡易書留」で郵送すること。
  2. 提出用封筒の表に「大学院出願資格審査書類在中」と朱書きすること。
 ※日本国外からの審査申請をする場合は、事前に大学院事務課に問い合わせること。

審査結果発表

  1. 審査結果通知は、「審査結果発表日」に発送する。電話等による問い合わせには、応じない。
  2. 出願できるのは、出願資格を認められた課程・研究科の当該年度入学試験に限る。
  3. 提出された書類に虚偽及び偽造が認められた場合には、出願資格を取り消し、当該年度における本学のすべての出願資格審査及び入学試験の受験を認めない。

〈2017年4月1日更新〉