戻る飛び入学制度の出願基準

対象者

飛び入学制度の出願基準

  1. 学校教育法に定める大学に3年以上在学し、各研究科委員会において、所定の単位を優れた成績をもって修得した者
  2. 外国の16年課程における学校教育で15年以上の課程を修了し、各研究科委員会において、所定の単位を優れた成績をもって修得した者

《注意》

この要件で大学院に入学した場合、現在在学している大学の学籍上は退学(入学が許可になった後、退学する)となります。なお、大学卒業の資格を得られません。

 

出願を希望する場合は、下記の『各研究科の定めた成績基準』を確認して事前に大学院事務課へ問い合わせてください。

各研究科の定めた成績基準

(1)3年次終了時に卒業所要単位のうち、当該研究科の定める単位の割合以上を修得見込の者で、合格評価について、在学する大学の最も優れた成績(段階)評価の割合が、当該研究科の定める下記の割合以上得られる者

 

〔合格評価を4段階以上とする大学からの出願者の場合〕

研究科 修得見込単位数 最も優れた成績評価の割合
アジア・国際経営戦略研究科 卒業所要単位の90%以上 75%以上
経済学研究科 75%以上
法学研究科 80%以上

〔合格評価を3段階とする大学からの出願者の場合〕

研究科 修得見込単位数 最も優れた成績評価の割合
アジア・国際経営戦略研究科 卒業所要単位の90%以上 85%以上
経済学研究科 85%以上
法学研究科 90%以上

(2)法学研究科を希望する者は、(1)の成績基準のほか、2年次終了時に卒業所要単位のうち、下記に定める単位の割合以上を修得し、その評価(合格評価を3段階以上)について、在学する大学の最も優れた成績(段階)評価の割合以上得ている者

 

〔合格評価を4段階以上とする大学からの出願者の場合〕

修得見込単位数 最も優れた成績評価の割合
卒業所要単位の65% 80%以上

〔合格評価を3段階とする大学からの出願者の場合〕

修得見込単位数 最も優れた成績評価の割合
卒業所要単位の65% 90%以上

〈2014年4月1日更新〉