学部・大学院

お問い合わせ

入試・広報センター

戻る履修モデル:公共サービス人材

公務員・NPOなど、都市での公共サービスや公的事業の専門家として活躍してみたい人材。

1年次

オリエンテーション・ゼミナール 基礎ゼミナール
経営学基礎 経済学基礎
社会学基礎 都市創造学基礎
ビッグデータ活用概論 アジアのケーススタディ
社会調査概論 地域コンテンツプロデュース論
異文化コミュニケーション フィールドワークとデータ分析
重点基盤科目のほか、都市社会とコミュニケーションを中心に体系的に学ぶ。

2年次

就業体験演習Ⅰ・Ⅱ 都市準備研究
地域コミュニティ論 福祉社会論
都市と産業クラスター 都市デザイン・景観論
少子高齢化社会論  
海外留学と就業体験のほか、都市とコミュニティと産業を中心に体系的に学ぶ。

3・4年次

企業研究Ⅰ・Ⅱ 卒業研究ゼミナールⅠ・Ⅱ
産学公連携プロデュース論 PPP/PFIと都市開発
都市社会学 SDGsと技術
ソーシャルネットワーク論 家族社会論
地域社会と行政 NPO・NGO論
卒業研究ゼミナールⅢ・Ⅳ  
卒業研究と企業研究のほか、サステナブルな都市社会と公共サービスを中心に体系的に学ぶ。

5つの履修モデルの中に配置した選択科目を学部専門教育の中核科目として、4年間で40単位以上を取得します。ここで40単位を超えて履修した分は、その他の選択科目の履修分へ振り替えます。

〈2019年5月17日更新〉