学部・大学院

戻るインドネシア(ジャカルタ)

ジャカルタは、人口1000万人を超える大都市です。地下鉄など、交通手段も次々と整備が進んでいます。

留学先のインドネシア大学は、郊外のデポック市にあります。
国を代表する大学で、キャンパスは広く緑に溢れ、設備も整っています。

インドネシア語と英語を学びます。授業は月曜から金曜まで、8時30分から10時30分にインドネシア語、11時から午後1時まで英語を学びます。

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1時限目
08:30~
10:30
Listening Speaking Reading Writing Structure
2時限目
11:00~
13:00
Listening Speaking Reading Writing Structure / Pronunciation

*この他、Indonesian Cultureおよび English Language and Cultureの授業が、各12回ずつあります。

留学中は大学キャンパスの近くのマンションに滞在します。階下にはコンビニもあります。

ひとり一部屋となっていて、シャワートイレ付きの快適な広さで勉強に集中できます。

付近には大型ショッピングモールもあり、買い物にも便利です。生活に必要なものは一通り揃っています。

休日には、仲良くなったインドネシア人の友達と外出。ジャカルタの北部には、オランダ東インド会社時代の佇まいが残されています。

留学生活の最後には、3週間のインターンシップがあります。ジャカルタ東郊外にあるMM2100工業団地にあるMitra Industri工業高校と共同で、1週間の特別イベント Japanese Week を実施しました。都市創造学部の学生達が企画し、「先生」にもなり、高校生を相手に日本語や日本文化について授業しました。

MM2100内のエンソ・ホテルでの研修の様子

ジャカルタ首都特別州の都市政策の策定にも関与するNGO Rujak Center for Urban Studies での研修の様子

▶Mitra Industri工業高校との共同イベント「Japanese Week」のようす

▲クリックしてご覧ください

〈2019年8月5日更新〉