学部・大学院

戻るタイ(バンコク)

バンコクはタイの首都で、人口800万人を超える大都市です。世界有数の観光都市かつ東南アジア大陸部のビジネスの中心です。街にはいつも世界中からの観光客やビジネス客をみかけます。

留学先のバンコク大学は、1962年設立で、タイでは最も歴史ある大学の一つです。情報・メディア・観光マネジメントなど幅広いプログラムを誇っています。ランシット・キャンパスは郊外にあり、広い敷地と前衛的なデザインの建物が印象的です。

授業はタイ語と英語を勉強します。タイ語は文化体験などを取り入れた工夫したカリキュラムで、実践的なタイ語を学ぶことができます。

時間割(2018年度の例:時間割は年によって変わることがあります)

    月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
午前 08:40~11:10 Reading and Writing in
Business English
  Advanced Listening and
Speaking
Reading and Writing in
Business English
Thai Cuisine and Thai Dessert Thai Language for Foreigners I
午後 14:00~16:30     Advanced Listening and
Speaking
  Thai Cuisine and Thai Dessert Thai Language for Foreigners I

留学中はキャンパス近くの民間アパートメントに宿泊します。

キャンパスのあるランシットは、複数の大学や研究機関が集まった学術研究地区です。キャンパス周辺には学生生活をささえるマンションや食堂などが集まっています。キャンパス自体も、カフェなどの店舗が出店していて便利です。

留学中は、様々な国からの留学生と知り合う機会があります。休日にはバンコクの都心に出かけたり、地方都市への小旅行をしたりしています。

最後の3週間は海外就業体験をします。タイでの就業体験は、日系企業を中心とする現地企業において、1企業に1~3人でお世話になります。各企業独自のプログラムですが、3週間の経験で「海外で働くこととは?」を体感できるプログラムとなっており、就職活動や卒業後に企業で働く際にもきっと役立ちます。

就業体験業務実績(2018年度の例:業務先と内容は年によって変わることがあります)

就業体験
企業業種
業務内容
自動車内装材製造 カーシート企画・調査、デザイン・プレゼンなど
広告 日本語フリーペーパーの取材・記事作成など
金融 営業同行、各種データ処理、企画書作成・プレゼンなど
会計事務所 会計関連資料作成、顧客打ち合わせ参加など
経営コンサルティング 社内打ち合わせ参加、社員キャリア面談など
〈2019年8月5日更新〉