学部・大学院

お問い合わせ

インターナショナルセンター

戻る海外で働くという難しさ

平岡 七海 / Hiraoka Nanami
経営学部 経営学科

氷点下の日が続く大連からお届けしております、夢カレ留学体験記。大連外国語大学での約4カ月間の語学研修を終え、12月18日から大連市内および開発区の企業で5週間のインターンシップが始まりました。今回は、瑞穂銀行(中国)有限公司大連支店でのインターンシップをとおして感じたことを紹介します。

銀行というと私たち個人がお金を預けたり、引き出したり、振り込んだりするイメージがありますが、銀行は会社などの法人にもサービスを提供しています。私がインターンシップをさせていただいた瑞穂銀行(中国)有限公司大連支店は、法人向けサービスだけを扱う銀行です。ここでの実習内容は、行員の出勤・退勤時間のチェックや行員への資料配布、郵送物の発送準備、窓口業務などです。人事総務課の一員としてインターンシップをする中で「海外で働く難しさ」を感じました。人事総務課の行員14人は全員中国人でそのうち日本語を話せる行員は2人しかおらず、全ての仕事が中国語で行われています。そのため、私も業務を教えていただく際、ほとんどが中国語です。インターンシップ当初、私は、間違えや通じないことを恐れて躊躇することが多くありました。しかし、伝えようとすれば多少間違っていても相手は理解してくれるということに気づき、少しずつ中国語でコミュニケーションが取れるようになりました。  

留学前、私は夢カレッジで身につけた中国語の語学力を生かして将来は海外で働きたいと考えていました。しかし、留学に来て、企業講義やインターンシップをする中で「語学力はツールであり、本当に大切なものはビジネススキルである」ということに気づきました。語学はできるに越したことはありませんが、語学力だけでは足りないと思います。今回のインターンシップを通して、海外の日系企業で働くことのイメージをつかめたので、今後は具体的に海外で何をしたいのかを考えていきたいと思います。
My Before‐Afterシート

亜細亜大学では、留学の出発前からキャリアに関するアドバイスを提供するなど、学生が将来の目標に向かって着実に前進できるようサポートします。亜細亜大学独自のアセスメント・シート「My Before-Afterシート」を利用して、「自分自身の成長度合い」を理解することが可能です。この成長度合いの把握こそが、就職活動の際に大変重要になります。

〈2019年3月22日更新〉