行動力あるアジアグローバル人材

お問い合わせ

インターナショナルセンター

戻る「学生英語プレゼンテーション」準優勝を栗田学長に報告

国際関係学部生の学生5人が、「学生英語プレゼンテーション大会」で準優勝し、11月30日に栗田充治学長に報告しました。

その大会は、早稲田大学で11月23日に開催された、「グローバル人材育成フォーラム」で行われた「学生英語プレゼンテーション大会」。彼らは5piecesというチーム名で出場。「~Making GAP Free Society from Musashino City~」というテーマで、日本に住むムスリムの友人の悩みを解決するための方策について、英語でスピーチしました。

栗田充治学長は、「今回の結果が実績となり、今後の後輩たちの手本となる」と健闘をたたえました。また、参加した学生たちは、「準備の段階でメンバーがなかなか集まらず苦労したが、それぞれが頑張ったので今回の結果につながった。このメンバーだったから成し遂げることができた結果だった」と感想を語りました。
<2016年12月01日 10時54分>