戻る土屋ゼミが武蔵野税務署を訪問(6/19)

<業務などの説明を受ける学生>

<業務などの説明を受ける学生>

土屋重義教授(法学部)の専門演習が、6月19日に武蔵野税務署の見学を行いました。これは、キャリアセンターの職場見学とのタイアップ企画によるもので、元キャリア委員長でもある、土屋教授の発案により実施されました。参加学生は14人で、ゼミ生以外の学生も多く、法学部3年生を中心に経営学部生や大学院生も参加しました。


当日は、始めに同署長があいさつ。そして、職員から税務行政全般と、同税務署の業務概要について説明が行われると、学生は熱心に耳を傾け、メモを取っていました。さらに、署内見学も行われ、職員の仕事内容についての説明もありました。


参加学生からは、「普段目にできない税務署の仕事について理解でき、貴重な経験になった」といった感想が寄せられました。

<2014年06月19日 20時29分>