戻る創造の世界Ⅰに高畠純氏が登壇

自身の絵本を教材に講義する高畠純氏

本日の「創造の世界Ⅰ」では、作家の高畠純氏を外部講師に迎えました。高畠氏は、齊藤洋教授と一緒に多くの絵本を書いている作家です。

 

高畠氏は、自身の絵本でストーリーがどのような展開になるか、考えさせたあと、シマウマをはじめとする動物の絵を学生にかかせました。

そして、「シマウマのしま模様は、体の部分とたてがみの線は一つにつながっています」と解説。また、フラミンゴの絵を描かせたあとは、片足の曲がる角度など、大切な特徴を一つ一つ解説しました。

 

創作の世界では、観察するときに、どこを注意して描くとうまく特徴を捉えられるか教えてくれた講義でした。

 

<2014年06月06日 20時34分>