戻る第2回Asia写真銀河終わる 

写真家の三井昌志氏を迎え、「Asia写真銀河」が10月25日に学内で開催されました。この写真銀河は、写真家と学術研究者の対談により教養を深める文化企画で、本学からは経済学部の水野明日香准教授がトークセッションに登壇しました。およそ60人が、写真をとおしてミャンマーの文化と社会に触れました。
「ミャンマー 変わらぬ笑顔と固有の経済史」をテーマにおよそ1時間繰り広げられた対談では、三井氏が「子どもはみんな驚く力を持っている。驚く力とは、新鮮な好奇心。それを引き出すのが旅である。若者には旅をして、その驚く力を蘇らせてほしい」と語りました。
<2014年10月25日 13時06分>