戻る経営学部:インターンシップ報告会を実施

体験型インターンシップでの体験を報告

経営学部の学生およそ100人が今夏取り組んだインターンシップの報告が、10月4日、学内で関係企業を招いて行われました。当日は在学生、学内教職員なども含めおよそ70人が参加。
 

発表は調査・取材型インターンシップの報告3件と、体験型インターンシップの報告が6件の計9件で、それぞれの体験に基づく学びが説明されました。
 

調査・取材型インターンシップでは、事前研修の重要性や、企業活動について具体的に知ることの大切さが、また体験型インターンシップでは、実際に企業で働くことで得た、ビジネスマナーの大切さや、アルバイトとの違い、コミュニケーションの大切さなど、インターンシップによる多彩な学びがいきいきと語られました。
 

なお、本インターンシップは公益社団法人 学術・文化・産業ネットワーク多摩の協力を得て実施しているものです。

<2014年10月04日 17時52分>