戻る探検部 ラフティングの大会で準優勝

  岐阜県郡上市で開催された「第21回長良川ホワイトウォーターフェスティバル2014」(10月11日・12日)で、探検部が中級部門6人乗競艇で15艇中、準優勝しました。さらに、上級部門でも16艇中7位の好成績を収めました。
これは本学探検部にとって、準優勝、7位はともに過去最高の成績です。

  本大会は、今年で21回を迎え、長良川での年に1度のホワイトウォータースポーツの祭典で、日本のラフティング競技の振興とリバースポーツの更なる健全な発展を目的に開催されてきました。郡上市・(社)ラフティング協会・新聞社などの後援により、全国の大学やラフティング競技団体など300人以上の参加者を集めて開催されています。今年の開催日は、台風接近の影響で大会日程が1日短縮され、ハードな競技日程でもありました。

 探検部ラフティング責任者の飯塚翼さん(経営2・千葉・私立東京学館船橋高卒)は、「探検部にとっては、過去最高の成績を収めることができてとてもうれしいです。上智大学や新潟大学などの強豪大学に勝つためにも、今後も一層の練習を重ねていきます」と語っていました。

 

<2014年11月14日 16時16分>