戻る新1号館起工式終わる

 新1号館の起工式が、3月18日に行われました。

当日は杵築大社宮司による修祓、祝詞奏上などが行われた後、大学側を代表し、上條清文理事長と栗田充治学長が鍬入の儀を行いました。

同式には学内関係者をはじめ、学友会役員、東急建設関係者などおよそ50人が参列。約1時間おごそかに執り行われました。

新1号館は地上14階建てで、研究室、事務棟機能のほか、学習相談の部屋も設けられます。竣工は平成30年6月の予定。
 
<2016年03月18日 17時40分>